カテゴリ:音楽( 37 )

歌う人を撮影してきました。

e0132518_23144885.jpg


今年で三年目となる震災祈念コンサート
今年もエンドロールの撮影を担当させて頂きました。

一年目は一年目の、
二年目は二年目の、
三年目は三年目の。
撮影しながら、そんなことを実感しました。
確実に変化しているということ。

でもまさか、三年目をこのようなカタチで迎えようとは、
です。

ライブの詳細はこちらで。
当日は南三陸町との中継のお手伝いに、現地入りします。
若干弾丸ぎみなツアーです。
[PR]
ばっと花咲く

e0132518_1934015.jpg


まるで幼稚園児のお遊戯の発表会みたいに
しゅっと伸びて、ぱっと開く手のひら。
どれもこれも年齢も職業も様々な、大人の女の手。

一般人の日常の中に、
こういうシチュエーションって
普通ない。
普通の人達が普通でないことをしている。
なんだか不思議な光景です。

いよいよ明日が本番。
お時間ありましたら、大阪城野外音楽堂まで
あそびにいらしてくださいまし。

告知x3
[PR]
音楽を撮る

e0132518_212871.jpg


撮るにつけて、難しいなって思う。

でも、私が好きなサイトには
たとえ自分がそこにいなくても感じる音楽がうつってる。

今はまだまだだけど、いつか撮れるようになる時がくることを信じて。

告知x3
[PR]
流れる時間があってこそ

e0132518_1921231.jpg


写真が切り取る瞬間を超えて
流れていく音楽。

告知にありますウタのタネのバンドリハ風景より。

告知x3
[PR]
一つの音楽をつくる

e0132518_2010077.jpg


念のため申し上げておきますが、全員出演者。
諸事情でトリミングしてるので、これでも半分くらいしか写ってない。


告知にありますウタのタネのバンドリハ風景より。

告知x3
[PR]
自由に気楽に写真が撮れる

e0132518_19544498.jpg


結局またバリで撮った写真なのですが、
別件で使っていたフィルムの余りの中に写っていたものから。

作品制作とか何とかそんなことは考えずに
目に止まったものを「お試し感覚」で撮ってた時間。
長い間ずっとこうやって写真撮ってきたのになぁ、
なんてことを自分の写真を見ながら思う。


我が家の猫どもがお世話になってる猫ベッドのそらまめ屋さんち
ただいまかわいい豆猫3匹の里親さんを募集しておられます。
右カラムにバナーを貼ってますので、
猫生活をしようかしらとご検討中のかたは
ぜひ一度ご確認いただけましたら幸いです。
ペットと暮らすことは大変なこともたくさんありますが
その分大事なものを、大事にできる時間も生まれます。

More
[PR]
一番の思い出といえばこれ

e0132518_22272461.jpg


通称しゃかしゃか。
お客さまにお配りして、ある曲でしゃかしゃか!っと。

Hatchの中にいるひと全員で一つになって音楽に参加する。
あの一体感はありえんぐらい素晴らしかったです。

More
[PR]
There are 40 stands!

e0132518_2124937.jpg


クワイヤのライブである、という一番の象徴は
なんといってもマイクの数。総勢40本。

でもって、ステージに全員乗り切らないので
ステージ下のこんな場所でお客さまと対面で歌う面々も。

私もシャッターを切ったこの位置で。

ステージに立ってしまうと客席が意外と見えにくいので
一人ひとりの表情が手に取るようにわかるこの場所で、
得た物は予想外に多かったです。
[PR]
舞台裏をもう少し。

e0132518_22271753.jpg


ステージ上の主役たち=「500人の普通の人」は
云うなればまさに「有象無象」
動かすのは、象さんよりも大変。

その大変さをしっかっと受け止めてくれる面々がいて
あの時間が生まれるわけです。

去年よりも今年、今年よりも来年、
積み重ねて頑張りましょう。
どうぞよろしく。
[PR]
この美しい照明

e0132518_21123791.jpg


照明が多彩に変化するということは
露出が激変するということであること、
そしてピント面がなぜだかずれるということを知る。。。

絞り固定で+/ー補正して撮る癖と
露出計の数字をあまりチェックしない悪習慣と、
あれやこれやなんやかんやと、
自分で自分の撮影の足を引っ張ったリハ撮影。

フルマニュアルでカメラ操作が出来るほうが、
精神的に断然楽。
[PR]
←menuへ